HP(ホームページ)制作に特化した専門情報サイト

ホームページ作成

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。
今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間団体、個人(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

民間事業になるということは、つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
そして、民主主義の大原則である、公平な立場から審査され、自由と平等に外国人材の受け入れ事業が出来る環境になったことが伺えますね。

皆さま(事業主様)がこの新しい時代の荒波を生き抜いていくことが出来るように、アメージングヒューマンでは、最新の情報を提供し、競争が激しい業界に打ち勝っていくための施策をしております。

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。
敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

一般的な分野での企業は、メディアやインターネットの情報に敏感であり目が肥えていますので、
幾多あまたある監理団体、送り出し機関、登録支援機関、日本語講習施設・研修センターを精査し見分ける判断基準があります。

インターネットでお問い合わせ窓口となるホームページの内容、デザインなどが時代に合ったもので、情報を更新アップデートし伝えているか!?(何年も前に更新が途絶えているホームページは論外です。)
現在のインターネット、スマホ時代では、重要な判断材料となってきます。ここでは言えませんが、デザインの見せ方・キャッチコピーの善し悪しで決まるということです。
これからは、より一層ホームページの重要さが際立つ形です。
一般的な企業の目線を視野に入れたホームページこそ、この先の外国人材の受け入れ事業を担っていくことになります。

特定技能の実施により、協同組合(監理団体)、送り出し機関、日本語講習施設・研修センターなどのホームページを、時代に合ったものにする必要性があります。(登録支援機関は新規作成)

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、技能実習制度と新しく創設する特定技能を両立した魅力あるデモサイトを公開しています。
また、無料でホームページの診断を実施しております。
この機会に特定技能、技能実習制度に適したホームページにしてみましょう!

デモサイトを見る無料診断はこちら

 

1号特定技能外国人の支援ができる「登録支援機関」

特定技能では、外国人材を受け入れる仕組みが変わりました。

協同組合(監理団体)においては、「登録支援機関」に取って代わる業務を担うことが予想されています。

特定技能で外国人材を受け入れる企業(特定技能受入機関)にとっては、支援、協力できる団体が登録支援機関であることが前提条件になります。

そこで、協同組合(監理団体)、送り出し機関、登録支援機関、日本語講習施設・研修センターのホームページを特定技能に合わせたホームページにする必要性があるのです。

ホームページの作成・運用ならお任せください!

特定技能では、多種多様な業種、条件で受け入れが可能となり、より外国人労働者にとっては働きやすい環境になっています。
特定技能1号・2号による受け入れ可能な業種(産業分野)の違い、滞在期間や条件の違いなど、正確に掲示しなければなりません。

法務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省から公表されている、特定技能外国人を受け入れ可能な対象職種「14業種の産業分野」で「特定技能の在留資格に係る制度の運用に関する方針」に従い遵守したホームページにする必要があります。

 

 

 

 

14業種の産業分野

・建設
・介護
・農業
・漁業

・ビルクリーニング
・自動車整備業
・産業機械製造
・電気・電子情報

・造船・舶用工業
・素形材産業
・宿泊

・外食業
・飲食料品製造業
・航空

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、外国人技能実習制度に特化したホームページを作成している実績を活かし、特定技能制度でもそれぞれの業種に特化した専門的なホームページを作成いたします。

特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルするなら、Amazing Human(アメージングヒューマン)にお任せ下さい。
新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

デモサイトを見る無料診断はこちら

スマホ対応したホームページ作成

何れこの先、外国人労働者が受け入れ先を選ぶ時代が来ます、、、もうすでに、来ているのかもしれません。
それは、協同組合(監理団体)、送り出し機関、登録支援機関、日本語講習施設・研修センターが選ばれる時代になるということです。

そのためにも、外国人労働者に魅力ある団体としてあらねばなりません。

今の技能実習生はもとより、外国人労働者のほとんどがスマートフォンで情報や職探しをしているのが現状です。
この先ホームページは、スマートフォンに対応したレスポンシブデザインにする必要があります。

 

ホームページとしての在り方

このサイトAmazing Human(アメージングヒューマン)は、外国人技能実習生の受入れに関する団体・企業・個人事業主の皆さまへ情報提供や課題の解決を支援する総合情報ポータルサイトです。

しかし、新しい在留資格の「特定技能」が実施されることを受けて、ホームページ全体の構成をアップデートいたしました。

それは、この先の外国人雇用問題にとって有意義な情報を発信できないからの想いです。

日本が日本人雇用を確保できないかぎり、外国人労働者の需要は増えていくことになります。
そして、在留資格制度も時代にあったものに変化していくものになるでしょう。

平成が終わり新しい元号『令和』が始まりました。
時代と共に外国人材を受け入れる協同組合(監理団体)、送り出し機関、登録支援機関、日本語講習施設・研修センターも常にアップデートし続けなければならないのです。

私たちAmazing Human(アメージングヒューマン)は、この新しい時代の荒波を生き抜いて同じ釜の飯を食う仲間(皆さま)と共に歩み、成長し合える関係でありたいと思っています。

 

デモサイトを見る無料診断はこちら

技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く