カンボジア

カンボジアの外国人労働者、技能実習生の特徴や性格を知ろう! 【カンボジア人編】

現在日本で働く、カンボジアからの外国人労働者の数は11,210人(2018年6月)となっています。
その内、半数以上が技能実習生として在留しています。(約6,500人 ※2018年6月付)

送り出し機関も年々増えており、総数68あります。
参考:日本とカンボジアの二国間で認定された送り出し機関を紹介!

近年では、カンボジア人の気質が介護に合っているとあって、介護職種の技能実習生として受入れが多くなってきました。

カンボジア労働者、技能実習生を受け入れている企業はもちろんのことですが、これからは一般的な企業の仕事場でカンボジア労働者、技能実習生と関わる環境になることが予想されます。

そのためにも、カンボジア人の習性や性格など知っておく必要があります。

日本にとってカンボジアとは!?
日本人とカンボジア人の相性は!?などお国事情や国民性などについて調べてみました。

カンボジア王国

人口は16,323,953人(2018年)。
首都は、プノンペン。

近年では経済発展が著しく、平均年齢24歳と若年人口が多い国。
アンコール・ワットなどの歴史的建造物が多く、観光地としても認知されてきています。

首都プノンペン周辺では、都市開発が進んでおり、高層ビルや商業施設、ホテルなどが立ち並んでいます。

民族は、人口の90%がカンボジア人(クメール人)です。

カンボジアで信仰されている宗教の割合は、国民の大半(90%以上)が仏教徒。
※一部少数民族はイスラム教などが存在します。

なぜ日本に出稼ぎにくるのか!?

カンボジアは、ASEANで最も貧しい国として位置付けられており、国民の一人当たりの名目GDPはASEANの中で最下位の水準を記録しています。

しかし、近年の経済成長が目まぐるしく、経済成長率はASEAN域内でも高い水準となっており、都市部と地方での貧困格差が生じています。

カンボジアの主要産業は縫製産業であり、輸出の半分を衣類が占めているので、
日本でも縫製の技能実習生として、岐阜県、岡山県などの実習先で受入れをしています。

国民性について

仏教徒が多いことから温和で気質な国民性である。

一方で、学歴や所得、身なりなどで相手の身分を判断する傾向にあります。
見栄やプライド意識が強いのも、格差社会から生まれてきていると見えます。

協調性

協調性があり、家族や仲間と過ごす時間を大切にします。
それぞれに役割分担を行い、皆で助け合ったりして1つの方向へ向かう協調性があります。

性格、特徴について

穏やかな性格

まだ発展途上国ということもあり、競争社会や出世争いもありませんので、非常に穏やかな性格です。
大雑把で深く考えない性格や特徴を持った人が多いです。

純朴な人柄

仏教徒ということで、日本人と相通じる所があり、親しみがあります。

恥ずかしがり屋

照れ笑いをよくする人が多く、人懐っこい性格です。

プライドが高い

穏やかなカンボジア人ですが、人前で自分の失敗やミスを知られることを激しく嫌います。

これらの情報を頭の片隅に入れておけば、カンボジア人とのコミュニケーションに役立つかもしれません。
お互いの国の文化を尊重し合い、相手を気遣いながら歩み寄ることで、スムーズにより良い関係を築いていきましょう。
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く