ミャンマー

ミャンマーの外国人労働者、技能実習生の特徴や性格を知ろう! 【ミャンマー人編】

ミャンマー人の特徴

現在日本で働く、ミャンマーからの外国人労働者の数は24,471人(2018年6月)となっています。
その内、技能実習生が6,800人(2018年6月)として労働をしている現状です。

ミャンマーは、仏教徒が大半の国で、日本人とよく似た習性があり、親日的な人が多いことで有名です。
今年2019年1月に、初めて介護分野の技能実習生として受け入れが始まりました。ホスピタリティ豊かなミャンマー人は介護職に向いていると評され期待されています。

ミャンマー送り出し機関は、こちら

ミャンマー労働者、技能実習生を受け入れている企業はもちろんのことですが、これからは一般的な企業の仕事場でミャンマー労働者、技能実習生と関わる環境になることが予想されます。

そのためにも、ミャンマー人の習性や性格など知っておく必要があります。

日本にとってミャンマーとは!?
日本人とミャンマー人の相性は!?などお国事情や国民性などについて調べてみました。

ミャンマー国

人口は55,311,238人(2018年)。
ミャンマーは、天然ガス、鉱物など天然資源に恵まれた資源の豊富な国です。
長い間、軍事政権下独裁政治だったため、鎖国の状態でしたが、アウン・サン・スー・チー女史をはじめとする民主化運動から徐々に民主化への道を歩み始めます。

首都は、かつてヤンゴンでありましたが、現在はネピドーになります。

外国からの投資拡大があり急速な経済成長を遂げています。また、スマホの普及で個人消費が拡大し、商業施設や高層ビル、ホテルなどの建設ラッシュが続いています。

なぜ日本に出稼ぎにくるのか!?

一人当たりのGDPが1,200ドルほどの水準であり、アジア最貧国の国と言われています。
国内での賃金水準が極めて低いことから、日本への出稼ぎに来ることになります。

信仰している宗教は「仏教」

国民の95%以上が仏教を信仰している仏教徒です。
日本人とよく似た気質があり、生活面においても規則・ルールを守り、相手を思いやり円滑に物事を進めようとします。

国民性、性格、特徴について

親日家が多い

日本が大好きで親日家が多い。これには、戦前から日本と親しく交流があったからと言われています。

多民族国家

ミャンマーには大きくわけて8つの民族、少数民族を合わせると135の民族がいると言われています。

つまり、ミャンマーに国籍がある人を「ミャンマー人」と呼びますが、ミャンマー族というものはなく、主要のビルマ族、モン族、シャン族、カチン族、カヤー族、カレン族、チン族、ラカイン族で構成されていると言えます。

穏やかで真面目な性格

ミャンマー人は男女共に温和な性格で、怒ったり激情したりすることは少ないです。
仕事に対しても真面目に向き合い、周りとの協調性を意識し取り組みます。
また、誰に対しても思いやりの心があります。

親を尊敬している

ミャンマー人は、親の言うことは絶対だと思っています。
多少厳しいことを親から言われても、真摯に受け止め理解しようとします。

プライドが高い

日本人以上に感情を表に出さず、常に落ち着いている印象です。
それゆえ繊細なところがあり、傷付きやすくプライドが高いところがあります。
見栄っ張りなところがあり、実習先でも分からないことがあっても、主張せず実習に取り組んでしまう傾向があります。

目上の人を敬う

しっかりと上下関係を認識して、目上の人を立てて気を遣います。

これらの情報を頭の片隅に入れておけば、ミャンマー人とのコミュニケーションに役立つかもしれません。
お互いの国の文化を尊重し合い、相手を気遣いながら歩み寄ることで、スムーズにより良い関係を築いていきましょう。
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く