特定技能

在留資格「留学」「技能実習」など取り消し832件に増加!

法務省は、2018年度の在留資格取り消しが832件に挙がったと公表しました。

前年(2017年)385件から2倍以上増加しており、統計以来(2005年以降)過去最多となりました。在留資格別では「留学」が412件であり、全体の半数近くを占めました。

取り消された在留資格別は、以下となります。

在留資格取り消し件数
在留資格別

・留学   412件
・技能実習 153件
・偽装結婚 83件
(日本人の配偶者等を含む)
・その他  184件

 

※2019年4月に出来た新しい在留資格「特定技能」は、対象からは除外されています。

取り消し理由は以下となります。

・在留資格に見合った活動を3カ月以上しなかった為(393件)
※事例として、留学生が学校を除籍された後、3カ月以上国内にとどまっていたなど

・稼働していない会社を勤務先として在留資格を偽装申請していた為(218件)

在留資格の取り消し制度を強化した成果ですね。特に留学生は、アルバイトなどで働きながら国内に残っている場合があるので、これからも取締りを徹底して欲しいですね。

今回の在留資格取り消しの国籍別は、以下となります。

・ベトナム 416件(50.0%)
・中国   152件(18.3%)
・ネパール  62件(7.5%)

今後特定技能に照準を合わすため、特に留学・技能実習ビザの偽装在留資格の取り締まりインフラですね。これを受けて山下法務大臣より、コメントが出ています。

山下法務大臣は、閣議のあとの記者会見で、「偽りの文書の提出によって不正に在留資格を得たり、在留資格で認められていない活動を行った場合などに在留を打ち切ることができるよう在留資格の取り消し制度を強化するなど、偽装滞在者への対策に積極的に取り組んだ成果だ」と述べました。

そのうえで、山下大臣は、「今後も制度を積極的に活用したい。関係機関とも連携し、技能実習生の失踪や留学生の所在不明事案などが発生しないよう、制度の適正な運用に努めていきたい」と述べました。

技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST