外国人材ニュース

外国人技能実習制度に『マスク製造』を職種追加へ 【当面の間の緊急措置として】

厚生労働省・出入国在留管理庁の情報を掲載しております。

現在日本ではコロナウィルス影響によりマスク不足が問題になっております、そこで当面の間、繊維・衣服関連の職種で実習生に関連業務としてマスクの製造を認める方針になりました。

主要都市7ヵ国に緊急事態宣言が発出され企業に休業・外出要請など多岐にわたる業種に影響があります。

マスク製造は中国に生産を依存していたので、これからは自国でも生産を確保していく流れですね。

全国各地では、マスク不足が蔓延しており、需要過多により発注先の人材も不足している中、早急なマスクの製造が必要であると求める声が外国人技能機構に寄せられていました。

今回緊急事態特例措置として、マスク製造職種への変更についての手続きを簡素化。説明資料を添えて同機構に届け出れば、技能実習に従事する時間全体の2分の1を超えない範囲で原則認めるとしています。

技能実習計画の軽微変更届出書は、こちらから

技能実習制度に追加するからといって、批判・中傷など四の五の言っている場合ではありません!自給自足が出来る物はあらゆる手を使って出来る限り国内生産を確保していく事です!

今後外国人材の事業にとってコロナウィルスとは、上手く付き合いながら(取り入れながら)最善の方法を見つけていくことになるかと思います。

この未曾有の事態を打破するために、アメージングヒューマンでは新しいサービスを始めることにいたしました!
外国人材事業に係る皆さんが語り合い相談出来る場を提供いたしますので、詳細は、近日に発表いたしますので楽しみに待っていて下さいね!
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST