技能実習制度

技能実習生の語学力向上が、会社の働き方改革へと繋がる!

外国人技能実習制度を利用して雇用することになった技能実習生の語学力はどのくらいあるのでしょうか。
基本的には技能実習生は自国にある送り出し機関、語学学校などで数年間、日本語研修を受けています。

入国前には、日本語能力試験N4レベルに相当する「日常会話をややゆっくり」ぐらいの語学力は身に着けさせているので、全く日本語が話せないということはありません。

会社によっては、技能実習生が全くいない場合や受け入れた経験がない場合など、日本語でしっかりとコミュニケーションが取れる人を採用することをおすすめします。

相手の母国語を理解できる人はいない状態ですので、技能実習生とのコミュニケーションは日本語が中心となります。

受け入れた時に、会社に意思疎通がスムーズに出来る人がいないと彼らの中で不安感や不信感が強くなり、仕事に支障がでる場合もあるからだよ。

逆に受け入れ先企業で技能実習生が既に数人もいる場合や、受け入れた経験が豊富があるならば、日本語ができるかどうかはそれほど重要な要素にはなりません。

それは、既に自社で働いている技能実習生や、彼らと一緒に仕事をしている社員が通訳できるぐらいの語学力を身に着けている場合があり、彼らの力を借りればコミュニケーションが取れるようになるからです。

このような場合は、日本語が巧拙よりも仕事に対して熱意を持っていることや、所持している技能などを基準に採用してみてはいかがでしょうか。

また技能実習生を教育するだけでなく日本人の社員の教育も同時におこなうようにしましょう。
彼らが自発的に技能実習生たちとコミュニケーションを取るように仕向けたり、彼らに相手の言葉を学習させる機会を用意することなどが挙げられます。

複数の言葉が話せる社員がいると、外国人技能実習制度を利用して新しい人を雇ったときに、スムーズにコミュニケーションが取れるようになるなどの思わぬメリットがでてくることがあります。

ただし、社員や技能実習生の教育は仕事を両立しながら習得することですので、彼らの負担も考慮することを忘れないでください。

語学力の向上と同じぐらい大切なことがあり、それが「働き方改革」です。

日本人と外国人では文化が異なることから、働き方が異なります。
例えば日本人には「空気を読む」「相手が言いたいことを察する」「目上の人を敬う」という文化があるのですが、外国人にそうした文化があるとは限りません。

そうした文化の差異から働き方に違いがでることがありますので、日本人の働き方などを丁寧に教える必要があります。
ただし、日本の文化を単に教えるだけでなく「伝えたいことはしっかりと言葉にする」など相手の文化も取り入れて、何を教えて何を取り込むのかは入念に考えた上で実施するようにしましょう。

会社の働き方改革は、技能実習生のためだけでなく、日本人の社員にとっても快適な労働環境を作っていくことに繋がっていきます。

技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST