登録支援機関

登録支援機関とは?を簡潔にまとめたリーフレット

法務省は在留資格「特定技能」に係るリーフレットを掲載しています。

登録支援機関に関してのリーフレット資料を簡潔に要点だけを簡単にまとめました。

2019年4月1日特定技能スタート!

新年度から始まった特定技能です。この日は、新元号『令和』の発表で全くニュースにもならずでしたね。
特定技能は音もなく静かな歩みに見えますが、着実に確かに始まっているんです!
そうだね、まだまだ不透明な部分がありますが、介護、外食、宿泊などの技能測定試験も始まりましたしね~そして、なんとっ先日初の特定技能1号が誕生しました!

農業分野の技能実習生2号が移行して特定技能1号が国内で初めて認定されました。

特定技能1号とは

登録支援機関は、特定技能1号が円滑に就労できるように支援する機関です。
特定技能1号は、14業種の受け入れ分野で相当程度必要な知識又は経験を有することが条件です。
登録支援機関は特定技能所属機関から業務委託を受けて、全部の支援を実施します。支援の一部のみや、委託を受けた業務を再委託などは、出来ません。
登録支援機関になるためには、出入国在留管理庁長官(佐々木聖子氏)の登録を受ける必要があります。
登録要件として、支援責任者、又は1名以上の支援担当者を選任、2年以内に中長期在留者の受入れ実績があり、報酬を得る目的、業として外国人に関する相談業務に従事した経験が必要です。
登録支援機関になるためには、外国人材を支援するためのノウハウや体制、仕組み(在留管理・雇用管理)などを構築し満たした民間団体や行政書士、社労士などの専門家などが想定されています。

特定産業分野と従事する業務

特定技能では、14種類の業種(産業分野)から外国人労働者を受け入れることができます。各分野を詳細にまとめあげた記事一覧はこちらから。
14業種の産業分野
[wc_row] [wc_column size=”one-fourth” position=”first”]

・建設
・介護
・農業
・漁業

[/wc_column] [wc_column size=”one-fourth”]

・ビルクリーニング
・自動車整備業
・産業機械製造
・電気・電子情報

[/wc_column] [wc_column size=”one-fourth”]

・造船・舶用工業
・素形材産業
・宿泊

[/wc_column] [wc_column size=”one-fourth” position=”last”]

・外食業
・飲食料品製造業
・航空

[/wc_column] [/wc_row]
[wc_row]
登録支援機関、特定技能にある「よくあるご質問」は、こちらです。

1号特定技能外国人の支援計画とは!

1号特定技能外国人の支援計画については、こちらの記事でまとめています。
私が初めて担当した記事です。皆さまのご参考になれば幸いです!

登録支援機関一覧・登録簿

全国の登録支援機関の一覧が法務省に掲載されました。
アメージングヒューマンでも全国の登録支援機関一覧を各都道府県別に掲載しています。
ぜひ、受け入れ企業等々は、活用して下さい。

登録支援機関の全貌は、こちらの記事で詳細に説明しています。

技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く