特定技能

特定技能の14業種・職種一覧(産業分野)

特定技能の14業種(産業分野)とは!?各分野ごとにまとめた記事一覧となります。

特定技能では、技能実習制度の80職種・144作業一覧としての位置付けではなく、14業種として業種の内訳から各分野で従事できる業務などが受入れ対象となります。

よって、特定技能の14業種で従事できる業務では、広範囲にわたって外国人材の受入れが出来るようになりました。

今回特定技能の産業分野で新たに新設された宿泊、外食業分野など、詳細に出来る限り分かりやすく解読した記事のまとめです。
各14業種それぞれ受入れ見込み人数、所管行政機関、雇用形態などが違います。事業所で特定技能外国人の受入れが出来るのか分からない場合、当サイトに問い合わせするか、もしくわ下記の行政機関にお問い合わせ下さいませ。

特定技能14業種(産業分野)についてのお問い合わせ連絡先は、こちら

特定技能14業種(産業分野)についてのお問い合わせ連絡先特定技能の14業種(産業分野)についての各省庁(厚生労働省、国土交通省、農林水産省、経済産業省)のお問い合わせ一覧です。 特定技能...

【特定技能14業種(産業分野)と従事する業務一覧表】

各業種の詳細欄に飛ぶようにページ内リンクをしています!ぜひ、活用して下さいね。
スワイプして表示➜➜➜

特定産業分野 分野所管
行政機関
受入れ見込数
向こう5年間
雇用
形態
従事する業務
1 介護 厚生労働省 60,000人 直接 ・ 身体介護等(利用者の心身の状況に応じた入浴,食事,排せつの介助等)のほか,
これに付随する支援業務(レクリエーションの実施,機能訓練の補助等)
(注)訪問系サービスは対象外
2 ビルクリーニング 37,000人 直接 ・建築物内部の清掃 〔1試験区分〕
3 素形材産業 経済産業省 21,500人 直接 ・鋳造・金属プレス加工・仕上げ・溶接・鍛造
・工場板金・機械検査・ダイカスト・めっき・機械保全
・機械加工・アルミニウム陽極酸化処理・塗装 〔13 試験区分〕
4 産業機械製造業 5,250人 直接 ・鋳造・塗装・仕上げ・電気機器組立て・溶接
・鍛造・鉄工・機械検査・プリント配線板製造
・工業包装・ダイカスト・工場板金・機械保全
・プラスチック成形・機械加工・めっき
・電子機器組立て・金属プレス加工 〔18 試験区分〕
5 電気・電子情報関連産業 4,700人 直接 ・機械加工・仕上げ・プリント配線板製造
・工業包装・金属プレス加工・機械保全
・プラスチック成形・工場板金・電子機器組立て
・塗装・めっき・電気機器組立て・溶接
〔13 試験区分〕
6 建設業 国土交通省 40,000人 直接 ・型枠施工・土工・内装仕上げ/表装・左官
・屋根ふき・コンクリート圧送・電気通信
・トンネル推進工・鉄筋施工・建設機械施工
・鉄筋継手 〔11 試験区分〕
7 造船・舶用業 13,000人 直接 ・溶接 ・仕上げ・塗装 ・機械加工・鉄工
・電気機器組立て 〔6試験区分〕
8 自動車整備業 7,000人 直接 ・自動車の日常点検整備,定期点検整備,分解整備 〔1試験区分〕
9 航空業 2,200人 直接 ・空港グランドハンドリング(地上走行支援業務,手荷物・貨物取扱業務等)
・航空機整備(機体,装備品等の整備業務等)〔2試験区分〕
10 宿泊業 22,000人 直接 ・フロント,企画・広報,接客,
レストランサービス等の宿泊サービスの提供 〔1試験区分〕
11 農業 農林水産省 36,500人 直接
派遣
・耕種農業全般(栽培管理,農産物の集出荷・選別等)
・畜産農業全般(飼養管理,畜産物の集出荷・選別等)〔2試験区分〕
12 漁業 9,000人 直接
派遣
・漁業(漁具の製作・補修,水産動植物の探索,漁具・漁労機械の操作,
水産動植物の採捕,漁獲物の処理・保蔵,安全衛生の確保等)
・養殖業(養殖資材の製作・補修・管理,養殖水産動植物の育成管理
・収獲(穫)・処理,安全 衛生の確保等) 〔2試験区分〕
13 飲食料品製造業 34,000人 直接 ・飲食料品製造業全般(飲食料品(酒類を除く)の製造・加工,安全衛生) 〔1試験区分〕
14 外食業 53,000人 直接 ・外食業全般(飲食物調理,接客,店舗管理) 〔1試験区分〕

特定技能の14業種(産業分野)での受入れ見込数(5年間の最大値)の合計:345,150人となっています。

1.介護業

特定技能の産業分野では、受け入れ見込み数が1番多い(5年で6万人)分野です。
EPA、技能実習制度、特定技能の3方向で人材確保が最も必要な分野となります。

特定技能における介護業分野の詳細は、こちら

特定技能による『介護分野』の要件・条件・1人夜勤について特定技能の介護分野で必要な要件、夜勤条件、介護業技能・日本語評価試験(特定技能評価試験)などについて説明しています。試験を合格したフィリピン、ベトナム、インドネシア人の1号特定技能外国人の受入れが始まっています。...

2.ビルクリーニング業

他業種とは違って高齢者雇用を推進している分野でもあります。
これからは技能実習、特定技能の両輪で人材確保を補っていくことになります。

特定技能におけるビルクリーニング業分野の詳細は、こちら

特定技能による『ビルクリーニング』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「ビルクリーニング」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 ...

3.素形材産業

日本の製造業の根幹を担っているとても重要な産業分野です。
各都道府県で働き口が多いことで地域の雇用を創出して促している、我々国民の生活には切っても切れない分野です。

特定技能における素形材業分野の詳細は、こちら

特定技能による『素形材産業』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「素形材産業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 それで...

4.産業機械製造業

日本社会の公共設備(インフラ)や幅広い産業への生産財を供給する、製造業の根幹を担っている、我々の国民生活には必要不可欠な分野となります。

特定技能における産業機械製造業分野の詳細は、こちら

特定技能による『産業機械製造業』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「産業機械製造業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 そ...

5.電気・電子情報関連産業

幅広く関連する電子機器へ部品を供給する分野であり、特に自動車などの電動化に伴う、電子部品の需要が高まり労働力需要が拡大している分野でもあります。

特定技能における電気・電子情報関連産業の詳細は、こちら

特定技能の電気・電子分野
特定技能による『電気・電子情報関連産業』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「電気・電子情報関連産業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 ...

6.建設業

東京オリンピックによる観光、商業施設などの建設ラッシュが続いている建設業界ですが、各都道府県別に見ても需要率が最も高い分野です。

技能実習制度では、数年前から多くの人材が実習、修了(母国に帰国)していることから、技能実習2号からの特定技能ビザへの変更が多くなる分野でもあります。

特定技能における建設業分野の詳細は、こちら

7.造船・舶用業

他業種と比べ地方での人材不足が極めて高い分野です。特に港運業が多い瀬戸内や九州に集中して人材確保が出来ていない分野となります。

島国である日本にとって生命線でもある造船・舶用工業は、労働集約型産業として地域の経済・雇用にも貢献している非常に重要な産業です。

特定技能における造船・舶用業分野の詳細は、こちら

特定技能による『造船・舶用工業』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「造船・舶用工業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 そ...

8.自動車整備業

若者のクルマ離れや整備要員の平均年齢が上昇している、人材が不足している分野です。
これからは技能実習、特定技能の両輪で人材確保を補っていくことになります。

特定技能における自動車整備業分野の詳細は、こちら

特定技能による『自動車整備』分野の試験・要件について本文は、特定技能における「自動車整備」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 それで...

9.航空業

近年の訪日外国人観光旅行者の増加やLCC(格安航空会社)により、国際線旅客数や着陸回数が伸長している、航空需要が拡大している産業です。
グローバルに経済社会活動をするためや、国民の生活の一部として機能しているため、人材確保が必須の分野でもあります。

特定技能における航空業分野の詳細は、こちら

特定技能による『航空』分野の要件・運用について本文は、特定技能における「航空」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 それでは、公...

10.宿泊業

新たに親切された宿泊業分野ですが、近年の訪日外国人観光旅行者数の増加による人材不足が顕著になってきています。
伸長数としては、2020年で4,000万人相当数を見込んでおり、早急な対策が必要な分野であります。

また、技能実習制度に『宿泊業』が受入れ対象職種・作業として追加決定いたしました!
これで、技能実習2号から特定技能1号への移行が可能となりました。

これから技能実習、特定技能の両輪で人材確保をしていく分野となります。

特定技能における宿泊業分野の詳細は、こちら

特定技能による『宿泊業分野』の要件・運用について特定技能の『宿泊業』分野の要件・運用について説明しています。技能試験の日程やホテル・旅館などで従事できる業務など詳細に記載しています。試験を合格したミャンマー、フィリピン、ベトナム、インドネシア人の1号特定技能外国人の受入れが始まっています。...

11.農業

技能実習や国家戦略特区などの制度でも受け入れることが出来、いちはやく外国人材の受け入れに取り組んできた分野の1つです。
雇用形態として、他業種では認められていない労働者派遣が認められています。(他業種は直接雇用が基本)
それは、農業分野は年間を通して繁忙期、閑散期があるため、労働者に安定的に仕事を与えるために派遣を認めている傾向にあります。

特定技能における農業分野の詳細は、こちら

特定技能の農業
特定技能による『農業』分野の派遣・要件について特定技能の農業分野では派遣が認められています。条件が整っていれば、労働者派遣事業者を特定技能所属機関として外国人材を農業分野の事業者に派遣する労働者派遣形態としています。 要件について詳しく解説します。農業技能測定試験、特定技能所属機関(受入れ事業者)に対して課す条件...

12.漁業

技能実習制度でも、多くの沿岸部エリアで技能実習生の受け入れがある分野です。特定技能では派遣形態での雇用が認められているため、労働力の融通、雇用・支援の一元化といった漁業現場のニーズに柔軟な対応ができることが期待されています。

特定技能における産業機械製造業分野の詳細は、こちら

特定技能による『魚業』分野の要件・派遣について本文は、特定技能における「魚業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 ※特定技能では、農業と漁業の...

13.飲食料品製造業

事業所数と従業者数が製造業の中では一番多い分野です。
都市部と地方での従業者数の比率も大差がなく、全国的に平均的な雇用と生産を支えている産業です。

どれだけ機械化(IT化)が進化しても対応しきれない部分(人の手作業や目視確認作業など)、人でしか対応できない工程がある分野でもあります。

特定技能における飲食料品製造業分野の詳細は、こちら

特定技能 飲食料品製造
特定技能による『飲食料品製造業』分野の要件・試験・運用について本文は、特定技能における「飲食料品製造業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。 そ...

14.外食業

新たに親切された外食分野ですが、他業種と比べ離職率が極めて高い分野となります。
注目されていた「コンビニ業種」は見送られることになりましたが、今後の外食業分野の展開としてコンビニ業種の受け入れは、避けては通れない課題となります。

宿泊業と関連して、訪日外国人観光旅行者数の増加により、地方などの外食業が人材不足となっています。

特定技能における外食業分野の詳細は、こちら

特定技能による『外食業分野』の要件・運用について特定技能の外食業について、1号特定技能外国人が従事する業務内容、在留資格、外食業分野技能測定試験、求められる人材などを解説しています。...
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST