業種一覧

特定技能による『農業』分野の派遣・要件について

特定技能の農業

本文は、特定技能における「農業」分野について、できるだけ分かりやすく解読したものとなります。

特定技能の業種「農業」は、技能実習や国家戦略特区などの制度でも受け入れることが出来る分野です。いちはやく外国人材の受け入れに取り組んできた分野の1つです。
今回の特定技能で特筆すべきは、農業で派遣が認められたことです。

※特定技能では、農業と漁業のみ派遣が認められています。

近所の農家さんでも技能実習生を受け入れているところがあります。
農業は、家族経営でやっている所があるから、結構近所の人達と触れ合う機会があるんだ。それでは、公表されている資料から特定技能での農業分野を見ていこう!

それでは、公表されている資料をもとに、農業分野の要件や役割を見ていきましょう。

特定産業「農業分野」とは

日本人の雇用を確保することが極めて厳しい状況であるため、外国人により人材不足を確保するための分野のこと。

近年の農業は、IT化が進んでいるけど、人の手作業、目視確認作業(選別)など、人でしか対応できない工程があるから、どうしても人材が必要なんだ。
よく聞く「スマート農業」も地方の農村地域にも導入されてるみたいだね。
農林水産省が掲げる「農は国の基」のもと、農業振興が国の基本的施策として生産性向上に取り組んでいます。

①農地中間管理機構等を通じた農業の担い手への農地の集積・集約化
②ロボット技術、ICT等の先端技術の活用によるスマート農業の実現等を推進し、省力化による生産性の向上など

上記の取り組みから担い手の利用面積のシェアも増加して、データを使った経営改善、生産性の向上など、農業データの連携基盤を構築しました。

【農業における国内人材確保のための取組】

①新規就農者に対する資金の交付や無利子融資による支援
②女性の活躍支援や農福連携の推進等により、若者・女性・高齢者等の多様な国内人材の確保にも努めているところであり、49歳以下の新規就農者が4年連続で2万人を超えるなどの成果を挙げている。

雇用労働力もここ10年ほどで1.7倍増加しています。農村地域は、若者の都市部への就労、高齢化を背景として人口減少が加速しています。

農業分野における有効求人倍率(平成29年度)は1.94倍であり、雇用就農者数は現時点で約7万人不足している。

この事態を受けて、特定技能の農業分野で受け入れる外国人材は、向こう5年間で最大3万6,500人の受入れを想定しています。

農業技能測定試験とは

求められる人材の基準

農業分野において特定技能1号の在留資格で受け入れる外国人は、以下に定める試験に合格した者又は農業分野の第2号技能実習を修了した者とする。

農業分野の特定技能1号は、技能実習2号からの移行が大半と想定されています。

農業分野で特定技能1号の在留資格を取得するには、以下の要件を満たす必要があります。

【特定技能1号-求められる人材の試験】

技能水準(試験区分)では、

ア「農業技能測定試験(仮称)(耕種農業全般)」
イ「農業技能測定試験(仮称)(畜産農業全般)」

・日本語能力水準では、「日本語能力判定テスト(仮称)」又は「日本語能力試験(N4以上)」が定められています。

特定技能1号の農業技能測定試験(耕種・畜産農業全般)は、基本的に技能実習の試験と同様です。

特定技能1号の農業業務

実際に就労先で従事する業務内容です。

【特定技能1号が従事する業務】

上記3(1)に定める試験区分に対応し、それぞれ以下のとおりとする。)

ア 試験区分3(1)ア関係
耕種農業全般(栽培管理、農産物の集出荷・選別等)
イ 試験区分3(1)イ関係
畜産農業全般(飼養管理、畜産物の集出荷・選別等)

特定技能1号が従事する業務も基本的には、技能実習と同様です。

特定技能所属機関(受入れ事業者)に対して課す条件

特定技能所属機関は、農林水産省、関係業界団体、登録支援機関その他の関係者で構成される「農業特定技能協議会(仮称)」の構成員になることが義務付けられています。また、必要な協力を行うこと。

ア 直接雇用形態の場合、特定技能所属機関となる事業者は、労働者を一定期間以上雇用した経験があること。
イ 労働者派遣形態の場合、次の要件を満たすこと。
(ア)特定技能所属機関となる労働者派遣事業者は、農業現場の実情を把握しており特定技能外国人の受入れを適正かつ確実に遂行するために必要な能力を有していること。
(イ)外国人材の派遣先となる事業者は、労働者を一定期間以上雇用した経験がある者又は派遣先責任者講習等を受講した者を派遣先責任者とする者であること。
ウ 特定技能所属機関は、「農業特定技能協議会(仮称)」(以下「協議会」という。)
の構成員になること。
エ 特定技能所属機関及び派遣先事業者は、協議会に対し必要な協力を行うこと。
オ 特定技能所属機関は、登録支援機関に1号特定技能外国人支援計画の実施を委託するに当たっては、協議会に対し必要な協力を行う登録支援機関に委託すること。

雇用形態 ※派遣OK

直接雇用、労働者派遣が認められています。

農業では、雇用先(特定技能所属機関)からの派遣が認められているんだね。
そうだね、農業分野は年間を通して繁忙期、閑散期があるから、労働者に安定的に仕事を与えるためにも派遣は認められているんだ。

労働者派遣形態により受け入れる必要性は、下記の2点です。

1.冬場は天候などにより農作業ができない場合、季節による作業の繁閑が生じる場合

2.同地域・地区内であっても、作目によっては収穫時期や定植等の農作業の繁忙期、ピーク時が異なるといった特性があり、農繁期で労働力の確保や複数の産地間での労働力の融通といった農業現場のニーズに対応するため。

技能実習制度でも度々、農業の閑散期に実習生の仕事がなく給与が出ない状態が問題視されてました。しかし、特定技能で派遣が認められたので、この問題が解決する事を願っています。

特定技能において農業分野について 【まとめ】

農業分野は、外国人材なしでは、経営が成り立たない農家さんが結構あります。今回の特定技能では技能実習2号の移行が期待されています。
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST