ベトナム

ベトナムの外国人労働者、技能実習生の特徴や性格を知ろう! 【ベトナム人編】

現在日本で働く、ベトナムからの外国人労働者の数は291,494人(2018年6月)となっています。
その内、半数近くが技能実習生として労働している現状です。

数年前に中国を抜き、受入れ人数が一番多い国となった「ベトナム」。(134,139人 ※2018年6月付)
今後もベトナムを中心に外国人労働者、技能実習生の受け入れが続く見込みと予想されています。

ベトナム労働者、技能実習生を受け入れている企業はもちろんのことですが、これからは一般的な企業の仕事場でベトナム労働者、技能実習生と関わる環境になることが予想されます。

そのためにも、ベトナム人の習性や性格など知っておく必要があります。

日本にとってベトナムとは!?
日本人とベトナム人の相性は!?などお国事情や国民性などについて調べてみました。

ベトナム国

人口は96,356,744人(2018年)。
首都は、ハノイですが、ホーチミンの方が人口が多いです。

ASEAN諸国の中でも、特に経済発展が著しく、平均年齢30歳と若年人口が多い国。
若くて優秀な労働者が多い国ということからも、日本での就労が期待されています。

ベトナムで信仰されている宗教の割合は、人口のうちおよそ73.2%が、無宗教です。
無宗教以外の宗教は、以下のとおりです。

仏教(大乗仏教)12.2%
カトリック6.8%
カオダイ(新興宗教)4.8%
プロテスタント1.5%
ホアハオ教1.4%

※その他、わずかなヒンドゥー教やイスラム教が存在します。

なぜ日本に出稼ぎにくるのか!?

以下のベトナム労働省の資料からも分かるとおり、日本が一番稼げる国となります。

ベトナム人労働者のおもな受け入れ先は、台湾、日本、韓国、マレーシアである。平均月額賃金は、ベトナム労働省の資料(14年)によれば、マレーシア300ドル、台湾650ドル、韓国1000ドル、日本1400ドルと差が大きい。

国民性について

よくベトナム人と日本人は似ていると言われていますが、ベトナム人の国民性は一般的に4つのKで表されると言われています。

「勤勉・器用」「向上心・向学心旺盛」「近視眼的」「カカア天下」

勤勉・器用

日本人と似ている所以は、勤勉で真面目であるということです。
協調性があり、仕事は責任をもって最後までやり遂げようとします。

個々の能力の違いは合えども精神面は真面目で、一生懸命に働こうとします。

ベトナムは手工業が発展してきたので、手先が器用な人が多い。
バイクや機械修理を自分達でやります。

向上心・向学心旺盛

ベトナムの多くの若者は、仕事より家族が大切な考え方です。
非常に家族思いで家族を助けるため守るために、仕事をしようと考えています。

技能実習制度においては、日本に行くため、日本語のスキルを磨き続ける忍耐力があり勉強熱心です。

近視眼的

目先の利益重視なところがあり、短期的な物事に対しては積極的だが、中長期的なことは苦手。
一概には言えませんが、「1年先の100万円より、今日の100円」という金銭感覚の人が多い。

カカア天下

ベトナムでは勤勉でしっかり者の女性が、一家の大黒柱となります。
夫よりも給料が高いことも少なくありません。

離婚を言い渡すのは大抵女性からが多く、ビジネスでも管理職には女性の姿が目立つなど、公私ともに女性がしっかり主導権を握っているようです。

性格、特徴について

プライドが高い

穏やかな印象が強いベトナム人ですが、その一方でプライドが高い、という側面もあります。
特に仕事の場面においては、自分の失敗やミスが同僚などに知られることを激しく嫌います。

プライドが高いことから見栄を張る癖があります。

おしゃべり好き

おしゃべり好きが多く、オープンな性格で非常にフレンドリーである。

楽観的で前向き

何か深刻な事態が起こっても、それに対して真剣に考えますが、ネガティブに考えることはありません。

ハノイとホーチミンでは性格が異なる

日本でもそうですが、北海道と沖縄では性格が異なり、気候や歴史の違いによって性格も異なってきます。

ベトナムの場合ですと、北部の人の性格の特徴は以下の通りです。

・真面目で勤勉
・計画性がある
・向上心が高い
・リーダーシップがある
・少し警戒心は高め

また、南部の人の性格の特徴は以下の通りとなっています。

・マイペース
・楽観的
・フレンドリー
・親切
・少しルーズ

これらの情報を頭の片隅に入れておけば、ベトナム人とのコミュニケーションに役立つかもしれません。
お互いの国の文化を尊重し合い、相手を気遣いながら歩み寄ることで、スムーズにより良い関係を築いていきましょう。
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く