試験日程

飲食料品製造業の技能試験スケジュール日程やテキスト問題は!? 【特定技能評価試験】

特定技能の14業種において、各分野では特定技能評価試験が実施されます。
各分野の最新試験スケジュール日程は、こちら

特定技能1号の試験スケジュール日程一覧 \ まとめ /特定技能1号で実施される14業種の試験スケジュール日程です。サンプル試験テキスト問題、お申込み受験登録の仕方など参考にして下さい。...
1号特定技能外国人が飲食料品製造業分野で働くためには、「飲食料品製造業の技能測定試験・日本語能力試験」に合格する必要があります。

以下は、特定技能の飲食料品製造業分野についての運用・概要の詳細です。
試験を受験される方は、一読されることをおススメします!

参考サイト:特定技能による飲食料品製造業分野の要件・運用について

特定技能評価試験とは、日本で就労を希望する国内外の外国人に対し、国が定める基準をもとに作成した問題により「日本語能力」と「技能」の水準を評価する試験です。

「日本語能力」の水準は、独立行政法人国際交流基金が実施する「日本語能力判定テスト」又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験」において判定されます。

「技能」の水準は、職種ごとの業界団体が実施する「技能評価試験」において判定されます。

「日本語能力」の試験、判定テストは、国際交流基金と日本国際教育支援協会によって実施されます。技能評価試験は、一般社団法人外国人食品産業技能評価機構により実施されます。

それでは、最新の試験日程スケジュール、試験の内容、案内、受験登録などを確認していきましょう。

最新の日程スケジュール

特定技能の飲食料品製造業試験日程が発表されました。

令和2年からは、飲食料品製造業及び外食業の試験が共通となりました。この先のコロナ影響により、延期や中止がある場合は、連絡いたします。

最新の飲食料品製造業試験は、以下のサイトで確認!
【国内】特定技能飲食料品製造業試験

【国外】特定技能飲食料品製造業試験

試験案内の内容を一読することをおススメします!特に重要な箇所は「受験資格者、受験申請の手続き、受験料の支払い方法、試験当日の注意事項」などです。

※受験申請は、試験会場の収容人数を上回り次第、受験申請受付期間であっても受験申請を終了となります。

毎回即受付終了となります、早めの申込みをおススメします!また、受験料は事前振込になっています。

試験の申し込み、受験登録について

技能測定試験の申し込み受験登録の仕方が少しややこしいので、以下に手順を紹介しています。

飲食料品製造業特定技能測定試験申込みから受験票印刷までの流れ01

技能測定試験の内容、学習用テキスト問題

一般財団法人 食品産業センターから飲食料品製造業の特定技能1号技能測定試験の受験に必要な学習用テキストが公開されています。試験問題は、このテキストの範囲内から出題される予定ですので、受験される方は、以下の学習用テキストをご活用下さい。

1 学習用テキスト(日本語)

2 学習用テキスト付属資料(日本語)

3 学習用テキスト用語集(日本語)

特定技能の飲食料品製造業分野で業務可能な範囲が拡大!

飲食料品製造業分野で業務可能な範囲が拡大されました!
今までの技能実習制度で受入れ出来る職種・作業にはない、より多くの業務に従事することが可能となりました。

特定技能の飲食料品製造業分野で従事する業務は以下の通りです。

・清涼飲料製造業
・茶・コーヒー製造業(清涼飲料を除く)
・製氷業
・菓子小売業(製造小売)
・パン小売業(製造小売)
・豆腐・かまぼこ等加工食品小売業

【食料品製造業の内訳】
○ 畜産食料品製造業
○ 水産食料品製造業
○ 野菜缶詰・果実缶詰・農産保存食料品製造業
○ 調味料製造業
○ 糖類製造業
○ 精穀・製粉業
○ パン・菓子製造業
○ 動植物油脂製造業
○ その他の食料品製造業
(でんぷん、めん類、豆腐・油揚げ、あん類、冷凍調理食品、惣菜、すし・弁当・調理パン、レトルト食品等)

上記の業務に従事できる事が可能になりました!

個人的には「茶・コーヒー製造業」に従事出来る事が魅力的に思います!
食品製造業務に関して、酒造に関わる業務以外は軒並みOKになりましたね。

そして、技能実習の惣菜製造業では従事出来なかった業種は以下の通りです。

(例)製麺製造業、菓子製造業、豆腐製造業、あん類製造業、アイスクリーム類製造業、乳製品製造業、食肉製品製造業、清涼飲料水、製造業、乳酸菌飲料製造業、酒類製造業、食品の冷凍又は冷蔵業、みそ製造業、醤油製造業、氷雪製造業、納豆製造業、ソース類製造業、食用油脂製造業、マーガリン又はショートニング製造業、添加物製造業、製菓材料等製造業、粉末製造業、調味料等製造業、液卵製造業

「食」に関して言えば、特定技能の外食産業が先駆けて試験が行われましたが、今後は根幹である飲食料品製造、農業分野において受入れが加速するのではないか!?と予想されます。
また今後、技能測定試験のスケジュール日程が公表され次第、こちらのページでお知らせしていきます。
技能実習、特定技能を両立したホームページ作成

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST