試験日程

製造業(素形材・産業機械・電気・電子情報)の技能試験スケジュール日程やテキスト問題は!? 【特定技能評価試験】

製造分野特定技能1号評価試験サイトの情報を掲載しております。

特定技能の14業種において、各分野では特定技能評価試験が実施されます。
各分野の最新試験スケジュール日程は、こちら

特定技能1号の試験スケジュール日程一覧 \ まとめ /特定技能1号で実施される14業種の試験スケジュール日程です。サンプル試験テキスト問題、お申込み受験登録の仕方など参考にして下さい。...
1号特定技能外国人が製造分野で働くためには、「製造業(素形材・産業機械・電気・電子情報)の技能測定試験・日本語能力試験」に合格する必要があります。

公表された1号特定技能の製造分野の試験実施要項は、こちら

以下は、特定技能の製造業(素形材・産業機械・電気・電子情報)についての運用・概要の詳細です。
試験を受験される方は、一読されることをおススメします!

参考サイト:特定技能による『素形材産業』分野の要件・運用について

参考サイト:特定技能による『産業機械製造業』分野の要件・運用について

参考サイト:特定技能による『電気・電子情報関連産業』分野の要件・運用について

特定技能評価試験とは、日本で就労を希望する国内外の外国人に対し、国が定める基準をもとに作成した問題により「日本語能力」と「技能」の水準を評価する試験です。

「日本語能力」の水準は、独立行政法人国際交流基金が実施する「日本語能力判定テスト」又は独立行政法人国際交流基金および日本国際教育支援協会が実施する「日本語能力試験」において判定されます。

「技能」の水準は、職種ごとの業界団体が実施する「技能評価試験」において判定されます。

それでは、最新の試験日程スケジュール、試験の内容、案内、受験登録などを確認していきましょう。

最新の日程スケジュール

新型コロナウィルスの影響により中止となった前回の試験から、ようやく「製造業(素形材・産業機械・電気・電子情報)の技能測定試験・日本語能力試験」が開催されます!

溶接を除く18業務区分の試験

NEW / 最新の製造分野特定技能1号評価試験(溶接以外)の試験日程が、

2020年10月25日(東京都、愛知県、大阪府)に決定しました。

溶接を除く18業務区分、溶接のみ試験を受験できる各会場の定員数は、20名までと狭き門です。申込開始は、9月23日から受け付けいたします。
試験区分鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て、プリント配線板製造、プラスチック成形、塗装、工業包装
試験場所東京都、愛知県、大阪府
試験日2020年10月25日
試験時間学科60分、実技60分
定員各試験区分について、各受験会場20名
試験の実施方式ペーパー試験(学科、実技)
言語日本語
申込ポータルサイト(https://www.sswm.go.jp/)の製造分野特定技能1号評価試験ページにおいて9月23日に公開予定

溶接のみ試験

NEW / 最新の製造分野特定技能1号評価試験(溶接のみ)の試験日程が、

2020年11月17日(愛知県)、12月7日(神奈川県)に決定しました。

試験区分溶接
試験場所神奈川県、愛知県
試験日11月17日(愛知県)
12月7日(神奈川県)
試験時間学科60分、実技60~90分
定員各受験会場20名
試験の実施方式ペーパー試験(学科)、製作等作業(実技)
言語日本語
申込ポータルサイト(https://www.sswm.go.jp/)の製造分野特定技能1号評価試験ページにおいて9月23日に公開予定

製造分野の特定産業分野と従事する業務

製造分野の特定産業分野と従事する業務は、以下となります。
試験は以下の19試験の各区分について実施されます。

今回の試験区分は、溶接(手溶接、半自動溶接)ですが、今後は他の試験区分が順次行われる予定です。
特定産業分野分野別所管官庁従事する業務
素形材産業経済産業省鋳造金属プレス加工仕上げ溶接
鋳造工場板金機械検査
ダイカストめっき機械保全
機械加工アルミニウム陽
極酸化処理
塗装
産業機械製造業鋳造塗装仕上げ電気機器組立て溶接
鋳造鉄工機械検査プリント配線板
製造
工業包装
ダイカスト工場板金機械保全プラスチック成形
機械加工めっき電子機器組立て金属プレス加工
電気・電子情報関連
産業
機械加工仕上げプリント配線板製造工業包装
金属プレス加工機械保全プラスチック成形
工場板金電子機器組立て塗装
めっき電気機器組立て溶接

試験の概要

他業種と同じ方式で試験が行われます。

(1) 学科試験
CBT方式又はペーパーテスト方式により、材料や安全衛生、作業の方法等、技能の裏付けとなる知識を試験する。
(2) 実技試験
次のいずれかの方法で実施する。
①製作等作業試験方式により、制限時間内に物の製作、組立て、調整等を行わせ、その技能を評価する。
②CBT方式又はペーパーテスト方式により、技能者として体得していなければならない基本的な技能について、原材料、模型、写真等を提示して、判別・判断等を行わせ、その技能を評価する。

以下は、試験の概要となります。

特定産業分野主に現地語を予定
実施方法学科試験、実技試験
実施方式コンピューター・ベースド・テスティング(CBT)方式、ペーパーテスト方式又は製作等作業試験方式
試験区分19試験区分(鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、めっき、
アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て、
プリント配線板製造、プラスチック成形、塗装、溶接、工業包装)
試験結果の通知試験後、Eメールで結果通知書を送付
合格基準学科試験:65%以上
実技試験:
・製作等作業試験方式を採用する試験区分:判定方法は各々の試験区分により設定
(溶接:手溶接作業はJIS Z 3801、半自動溶接作業はJIS Z 3841に基づいて判定)
・上記以外の試験区分:60%以上

試験実施機関の概要

名称公益社団法人国際人材革新機構
住所東京都台東区蔵前1丁目4番1号ザ・パークレックス蔵前6F
電話03-5829-6311
代表者樋口 公人

以下は、終了又は、中止になった試験日程です。
【試験中止のお知らせ】

新型コロナウイルスの影響により、フィリピンのマニラ首都圏全体が3/15~4/14まで隔離措置がとられることが決定し、試験会場として予定していたAdamson University(マニラ首都圏マニラ市)も試験日当日に閉校していることなどから、今般の試験は中止することといたしました。

NEW / 最新の製造分野特定技能1号評価試験(溶接以外)の試験日程が、

2020年3月21日・22日に決定しました。

試験区分(19区分)の内から「溶接以外」となります。試験場所はフィリピン(マニラ)です!
試験場所試験日試験時間*1試験区分試験科目*2定員状態*3
フィリピン
(マニラ)*4
2020年3月21日12:30 – 15:00鋳造・鋳鉄鋳物鋳造
・非鉄金属鋳物鋳造
20受付中
塗装・金属塗装
・鋼橋塗装
・建築塗装
・噴霧塗装
20受付中
鍛造・ハンマ型鍛造
・プレス型鍛造
20受付中
工業包装工業包装20受付中
15:00 – 17:30機械加工・普通旋盤
・数値制御旋盤
・フライス盤
・マシニングセンタ
20受付中
プラスチック成形・圧縮成形
・射出成形
・インフレーション成形
・ブロー成形
20受付中
プリント配線板製造・プリント配線板設計
・プリント配線板製造
20受付中
機械保全機械系保全20受付中
2020年3月22日9:00 – 11:30ダイカスト・ホットチャンバダイカスト
・コールドチャンバダイカスト
20受付中
鉄工構造物鉄工20受付中
仕上げ・治工具仕上げ
・金型仕上げ
・機械組立仕上げ
20受付中
アルミニウム陽極酸化処理陽極酸化処理20受付中
12:30 – 15:00電子機器組立て電子機器組立て20受付中
工場板金機械板金20受付中
電気機器組立て・回転電機組立て
・変圧器組立て
・配電盤・制御盤組立て
・開閉制御器具組立て
・回転電機 巻線製作
20受付中
15:00 – 17:30金属プレス加工金属プレス20受付中
めっき・電気めっき
・溶融亜鉛めっき
20受付中
機械検査機械検査20受付中

*1: 上記試験時間には登録及び注意事項説明のための時間を含みます。試験の制限時間は2時間です。
*2: 複数科目名がある試験区分はいずれかの科目を選択してください。
*3: 状態が「申込受付中」の試験のみ、現在申し込みが可能です。現在「受付停止中」の試験についても、キャンセル等により申し込み可能になる場合がありますので、最新の情報を本ホームページでご確認ください。
*4: Adamson University (900 San Marcelino Ermita, Manila)

【受験手続き期間】
2020年2月12日(日本時間13時)~2020年2月28日(同17時)まで

技能実習、特定技能を両立したホームページ作成
特定技能キャンペーン案内

特定技能の実施により、一般的な幅広い分野で外国人材の受入れが始まりました。今まで閉鎖的であった外国人受け入れ制度、事業などが開かれ、民間事業(登録支援機関)の参入により新しい時代に突入します。

つまり、メディア広告、インターネット広告などを通して外国人受け入れの情報が溢れ出るということです。
精査される側の監理団体(協同組合)、送り出し機関、登録支援機関は、受け入れ先の企業向けに、特定技能、技能実習制度を両立したホームページを作成、リニューアルすることが最優先です。(登録支援機関は新規作成)

※私たちも皆さま(事業主様)と同様であり同業者が増えてきます。敢えて警鐘を鳴らし自戒の念を込めてお伝えさせていただいております。

Amazing Human(アメージングヒューマン)では、新しい在留制度「特定技能」を組み合わせ、外国人材を受け入れることができる魅力あるデモサイトを公開中!
今なら無料でホームページ診断をしております。

詳細ページを見に行く

RELATED POST